とうとう100日経過しました。

これでこの実験は終了したいと思います。

テラサージの方は、1個は完全に腐っています。後の4個は腐り始めて少しやわらかくなっています。

実験開始が8月22日でした、なるべく同じような状態、同じ大きさのミニトマトを選び、ミニトマトの個体差を無くすためにそれぞれ5個ずつ置きました。

実験の条件などについては、あらためて、テラサージの実験こちらをご覧ください。

テラサージの方で1個腐っていますが、それはもともと生命力がなかったのでしょう。

8月、9月と30℃を超す日々が続いている中での実験開始でした。

涼しい時期からの開始であれば、100日経過した時点でもまだまだ元気な常態だったと思います。

この結果から考えられることは、テラサージからは何かのパワーが放出されていて、そのパワーがミニトマトに影響を与えた、ということです。

これは、テラサージを置いていない方を見れば一目瞭然です。

テラサージを置いていない方に関しては、かなり前から写真のように完全に腐っていて、水分も抜け切った状態でこれ以上は変化しようのない状態が続いていました。

テラサージから発せられているテラヘルツ波が作用したのか、珪酸塩鉱石と熟成ヨモギの波動が影響したのか、それとも他の何かが影響したのかは私には解りませんが、とにかくテラサージからは何かが放出されている、それは生命に良い影響を与えるものである、ということがはっきりと証明できたと思います。

その放出しているエネルギーが、肩こりや腰痛、膝痛、疲労、冷え性をはじめいろいろな症状の改善に影響を及ぼしていると考えられます。

また、植物にも効果があるのであれば動物、とくに人間と同じ哺乳類の犬や猫などのペットにも効果が期待できると思います。

新しい実験として、同じ大きさの金魚を5匹ずつ別々の水槽に入れて片方にはテラサージを入れておく、それで1年後に金魚がどうなっているのか?という実験を考えていますが、スペースの問題と家族の大反対に合いそうなのでこちらは断念します。

面白い実験だと思うので、興味がある人はやってみてください。

001

004

003

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。