テラサージは今年の3月(2016年3月)に販売を開始しました。

販売当初は、肩こり・腰痛・膝痛・慢性疲労や冷え性などの解消・改善に非常に効果がある健康グッズとして販売を始めましたが、販売しているうちに思わぬ報告をいろいろといただくようになりました。

最初はスポーツをやる方から、記録が伸びた、長年悩んでいたスポーツ障害が改善されたなどの報告がありました。(スポーツの症例に関してはこちらのブログをご覧ください→記録が伸びた!ケガが治った!ただ付けるだけの必勝法!

つぎに、高血圧が正常値に戻った、インシュリンを打たなくても血糖値が安定している、脳梗塞で2年間半身不随だった右腕が上がるようになった、血液検査がすべて正常値になった、などの内科的疾患が治ったとの報告がありました。

その他にも、肌がきれいになった、痩せた、などの報告までいただいています。

「これ本当に凄いぞ!」と思い販売を始めたわけですが、これほどまでとは正直思いませんでした。

販売してたった7ヶ月、それも宣伝なし口コミだけで広まったにもかかわらず、これだけの成果があるなんて、本物の商品とはこういうものなんだな、販売上は健康用品・健康グッズですがまったくそのようなレベルではないとつくづく思います。

効果に感動した方々で十数名の方々が、フランチャイズや代理店として登録して販売を始めています。

さて、本題の健康グッズでありながら、肩こりや腰痛をはじめ、なぜ薬を飲み続けなければいけないような症状まで改善されるのか?ということです。

私なりの考察ですが、まずテラサージの原料のひとつである珪酸塩鉱石ですが、これが液体になっていることが大きな要因だと思います。

ブラックシリカや水晶、トルマリンなど人間の身体に良い効果をもたらす鉱石はいろいろとあり、化学的にも効果が証明されています。

しかし、それらはすべて固体、もしくは粉末の状態で販売されています。

テラサージは、珪酸塩鉱物の一種から特殊な方法で作り出した液体に15年発酵させたヨモギの液をブレンドさせたものです。(詳しくはこちらをご覧ください→なぜこれほどまでに効果があるのか?)

この液体の粒子が非常に細かく、付けていると人間の身体に吸収され血液により直接身体に取り込まれます。

それにより、ダイレクトに身体に働きかけるのでこのような凄い効果が現れるのではないかと思っています。

もうひとつの大きな要因に、15年発酵させたヨモギの液をブレンドさせるということがありますが、こちらに関してはヨモギが身体にいいことはわかっていますが、なぜヨモギの液体なのかわかりません。

それも、14年以上熟成させたものでないとだめだそうです。

このへんは、科学者でなければ理解ができない範囲です。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。