“血糖値スパイク”と言われても、解らない方のほうが多いと思いますが、日本人の14000万人以上が該当するといわれています。

血糖値スパイクを簡単に説明するならば、食後高血糖(食後に血糖値が急激に上昇する)のことを言います。

単なる高血糖や糖尿病との違いは、常に血糖値が高いわけではなく、通常の血糖値は正常だが、食後にだけ急激に血糖値が上昇します。
糖尿病ほどインスリンの分泌能力が低下していないため、食後何時間か経過た血糖値は適正レベルに落ち着きます。

そのため、空腹な状態で血糖値を調べる健康診断などでは見つけることが出来ません。

糖尿病や血糖値が高ければ、健康にも気を使いますが血糖値が正常のため普通に生活してしまいます。

そのため多くの方が、脳梗塞や心筋梗塞などの症状がでて初めて検査をして知ることとなります。

原因としては、生活習慣や食生活の乱れなどありますが、体質が一番大きな原因では、といわれています。

食後に気分が悪くなることが多い、胸が締め付けられるような気がする、頭が痛くなる症状などが頻繁に見られる場合は、病院でチェックテストを受けた方がいいかもしれません。

日常生活では、炭水化物(糖質)を一気にたくさん食べないなどの注意が必要です。

和歌山県の男性の方でテラサージを付けてから、インシュリンを打たなくても血糖値が安定している、という方がいらっしゃいます。こちらがその方の記事です。「インシュリンを打たなくても血糖値が安定しています」ブログで書いている症例はすべてが本当に付けた方の感想ですが、誰もがテラサージをつけたら血糖値が安定する、病気が治るというわけではありません。

231404

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてないない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。