私は、ごしんじょう療法という治療と接骨院を経営しています。

そこで、いろいろな患者さんの考えや意見を聞かせていただきます。

私が感じているのは、「ちょと痛くなったら接骨院、それで治らなきゃ整形外科」「どこの病院でもこれ以上はよくならないです、と言われたらごしんじょう療法」というパターンが非常に多いです。

私の考えは、それいいと思います。

ただ、西洋医学を完全に否定して病院には絶対に行かない人、逆に何かあればすぐに医者・薬それ以外は信じない人などがいますが、その考えには反対です。

ケースバイケースで、いろいろと使い分けするのが最良の方法です。

西洋医学を否定するようなブログも何回か書きました「薬漬け、検査漬け、不要な手術で医療費40兆円。」

これは本当のことであり、この記事が間違っていた、などということは全然思っていません。

ただ、西洋医学というものは本当に素晴らしい医学です。

私も、いままで何回となく助けられてきましたし、これからも必要に応じてお世話になると思います。

心筋梗塞を起こしているとき、複雑骨折をしているとき、脳梗塞で倒れているとき、こんな時にごしんじょう療法やテラサージを付けている場合ではありません。

一刻も早く病院で処置、手術してもらわないと死んでしまいます。

しかし不必要な手術、薬などで健康を害する、命を奪われるということも少なからずあるというのが現実です。

私の、西洋医学、東洋医学、代替療法の使い分けについてについての考えは、急性期や感染症などは西洋医学、それ以後薬や手術を繰り返しても悪化するばかり、という場合は東洋医学や代替療法に切り替えるというのがいいのかと思います。

また、アトピー性皮膚炎などの繰り返し副作用の強い薬(ステロイド)などを使用しても治らない場合も、西洋医学より切り替えることを考えた方がいいのではないかと思います。

あくまでも、これは私の意見であり勉強不足のことも多々ありますので判断はご自分でお願いします。

自分の身体は自分で守る、という考えでいろいろと勉強することが大切だと思います。

120719%e5%b2%a9%e4%ba%95%ef%bd%87%e3%80%80%e8%a5%bf%e6%b4%8b%e5%8c%bb%e5%ad%a6%e2%91%a2

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてないない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。