テラサージの販売権をもっている方から連絡がありました。

真言宗の住職さんのところでテラサージの話をしていたそうです。

その住職さんは、不思議な治療をやっておられエネルギーの滞っているところをお経を唱えながら棒で突くそうです。

癌で余命3か月と言われた方がその治療をされて16年も生存してるそうです。

エネルギーの流れが滞っているところを刺激して、流れをよくするというのは針灸と同じ考えです。

その住職さんが、テラサージを持つとテラサージのパワーが解るそうです。

住職さんがおっしゃるには、エネルギーの流れがよくなり身体が治るのだろうということです。

アドバイスとして、右手にエネルギーが滞る人、左手に滞る人、足に滞る人など様々なので、右手で効果がある場合または効果がある人、左手で効果がある場合、またはある人など、そこを試した方よいそうです。

たしかに、話を聞いてそう思いました。

私は左手首に付けたときが一番効果があります。

テラサージを現在付けている方も、ぜひいろいろと試してみてください。

右手首・左手首・右足首・左足首など。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてないない、テラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。