人は誰でも自然治癒力(免疫力)という世界最高の医者が体内に住んでいます。

この医者がいなければ人は生きていくことは出来ませんし、どんなすばらしい治療や手術、薬を使っても病気やケガを治すことはできません。

逆に言えば、自然治癒力が高ければ病気になることはないし、ケガをしても治療をしなくとも早く治ります。

簡単な例だと、空気中には常にさまざまな菌やウイルスが蔓延しています。

人は常にそれらを吸い込んでいますが、体内の免疫細胞がその菌やウイルスを攻撃し感染しないため人は病気になりません。

しかし、疲労などで免疫力が低下している時は免疫力が弱まり菌やウイルスに感染し病気になります。

ケガにしても、スポーツをしている学生などの治癒力の凄さには驚かされる一方、お年寄りの方は治るのに時間がかかります。

自然治癒力(免疫力)低下の原因は、疲れ・老化・電磁波・腸内環境の悪化・体のゆがみ・食生活の乱れといろいろありますが、一番大きな要因としてストレスがあると思います。

ストレスは自然治癒力だけではなく、身体のあらゆる機能を低下させます。

ストレス社会といわれている中で、ストレスを排除するのは難しいと思いますが工夫によりある程度は抑えられるのではと考えています。

ストレス排除方法については、またあらためてブログで書きたいと思います。

yjimageiunma13c

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてないない、テラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。