茨城県 ペット(ミニチュアダックスフンド)

茨城県の方で家族全員でテラサージをご愛用されている方です。

この方はイチゴ栽培をされていらっしゃるのですが、腰が悪く畑仕事を50mほど続けると痛みで立ち上がれないくらいになっていたそうですが、テラサージを付けてからは100mほど仕事をしても平気だそうです。

また、今年は例年にない寒さだそうですが、何十年かぶりにももしきをはかなくても身体が暖かくて寒くないそうです。

たまに、首に付けているテラサージを付け忘れて出かけると、首周りが寒く感じるそうです。

この方は、腰用を2重にして首に2本と腰用を腰に1本付けています。

奥様はコンクリートの上での立ち仕事なので、例年は貼るカイロをたくさん付けて仕事をするそうですが、テラサージを付けているおかげで身体が暖かく今年はカイロを貼らなくても大丈夫なのだそうです。

この方から電話がありペットのお話を聞いたので書かせていただきます。

ペットの12歳のミニチュアダックスフンドが皮膚病にかかり、抗生物質などを投与したのですが効果がなく、血液検査をしても異常はなかったそうです。

アレルギーによるものか、ハウスダストなどが関係しているのかということでしたが、結局原因不明ということで、食事療法などいろいろと試してみたのですが、改善はされず食欲も落ちてどんどん痩せていったそうです。

その時に私のブログで、動物にも効果があるという記事を読んだのを思い出して、物は試しにとテラサージを付けたそうです。

すると多少時間はかかったものの、皮膚病がきれいに治ったそうです。

しかし、その後すい炎となったそうです。

治すには犬の体力(自然治癒力)にかけるしかない、と獣医には言われたそうです。

重度のすい炎らしく、かなり激痛のようで、1日に2回鎮痛剤を使っていたそうです。

12歳と犬にとってはかなりの高齢ということもあり、獣医からは覚悟してくれといわれたそうです。

しかし、不思議とテラサージを付けているから大丈夫だろうと思ったそうです。

その後、持ち直して助かったそうです。

助かったのは、テラサージのおかげだろうとおっしゃっていました。

現在はとても元気になり、12歳ともう老犬の部類に入るのですが、排便や排尿もしっかりあり、身体は若い頃の身体に戻ったようだとおっしゃっていました。

毎年、春先にはヘルニアになるそうですが、今年は多分大丈夫だろう、とおっしゃっていました。

病状がひどかったせいか、非常に早くテラサージの液がなくなり、今は2本目を付けているそうです。

会話中によく「やせ細っていたのに、ブタコロみたいに太っちゃって」とうれしそうに話されていたのが印象的でした。

ペットの報告は少ないのですが、身体が小さい分効果が大きいのではないかと思います。

他のペットの改善例については、ペットにもテラサージ こちらをご覧ください。

※ テラサージは薬や医療機器ではなく、健康グッズです。多くの方々から喜びの声をいただいておりますが、何も変化を感じないという方も少数ですがいらっしゃいます。詳しい内容をお聞きになりたい方やご質問がある方は、メールか電話にてお問い合わせください。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。