ネットのニュースで、ぎっくり首たるものを見つけました。

私は治療の仕事をしていますが、恥ずかしながらぎっくり首という言葉があることを知りませんでした。

ぎっくり腰の病名は、突発性腰痛や急性腰部捻挫となりますが、ぎっくり首の病名は突発性頚部痛や急性頚部捻挫となるのでしょうか?

症状としては、痛くて首が動かせない、動かすと激痛が走る、腕がしびれるなど、首を傾けたまま、痛くて全く動かせないといって来院する患者さんの症状のことです。

寝違えとの違いは、寝違えは比較的弱い力が長い時間同じ場所に集中することで発生するのに対し、ぎっくり首は瞬間的に首に衝撃が加わり炎症を起こしたものです。

ぎっくり腰と同様に腰椎(腰の骨)や頚椎(首の骨)に起因するものもありますが、ほとんどは生活習慣による首周辺の筋肉や靭帯が硬くなり柔軟性を失うことにより、筋肉や靭帯が首の動きについていけず損傷するが原因です。

対処法もいろいろとありますが、ぎっくり腰と同様に痛みが収まるまでは、安静にするのが一番です。

安静にしていられない場合は、信頼のおける治療院などで治療をしてもらうことをお勧めします。

ぎっくり腰やぎっくり首などの場合は、整形外科はお勧めできません。

整形外科は必ずレントゲン写真を撮り、骨折や不全骨折(ひび)がなければ、痛み止めと湿布を処方されて終了だからです。

炎症を起こしている患部を温めたり、揉んだりなどするとさらに悪化しますので、そのような行為はやらないでください。

普段から、適度な運動、ストレッチ、正しい姿勢などを心がけて首の周りの筋肉や靭帯を硬くならないように心がけるようにしましょう。

※ テラサージは薬や医療機器ではなく、健康グッズです。多くの方々から喜びの声をいただいておりますが、何も変化を感じないという方も少数ですがいらっしゃいます。詳しい内容をお聞きになりたい方やご質問がある方は、メールか電話にてお問い合わせください。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。