昨日のブログ、「チューブ内に発生する白いカビについて 1」でチロシンはガンの方に出来る場合がありますと書かせていただきました。

これについての補足ですが、ガンの方だけではなく難病の方が付けてもチロシンが発生する場合があります。

上の写真は、難病の方が付けたテラサージですがチューブの中に白いカビのようなものが発生しています。これが、チロシンです。

ガンの方が付けると、一部だけではなくチューブ全体がチロシンで真っ白になる場合もあるそうです。

開発者の方の知人で肝臓ガンの方はテラサージを付けると、チューブの中全体が白くなりチューブが硬くなったそうです。

チューブが硬くなる症状については、テラサージのチューブが硬くなったのですが? こちらをお読みください。

その後、テラサージを付け替えるうちに徐々にチロシンがでなくなり、チューブも硬くならなくなったそうで、現在は元気に仕事をされているそうです。

チロシンとは別によもぎの液の関係でチロシンのような白いカビ状のものが出来る場合があります。

こちらの写真の上がチロシンで下はチロシンではありません。

違いは見てお解かりのように、チロシンの方はチロシンが液体にも混ざりこむため液体が非常に濁ります。

チロシンはガンの方や難病の方に見られますが、液体との因果関係は現在のところ不明です。

また、チロシンが出たからといって必ずガン、難病というわけではありません。

ガンや難病の方に発生する場合があるということです。

テラサージの販売を開始してから、2年近く経ちますが思ってもいなかった効果がたくさん報告され、いまだにテラサージの効果には驚きの連続です。

私が使ってきた、また知っている健康グッズの中では間違えなく桁違いの効果があります。(私個人の感想です)

ただ、私の正直な感想はガンや難病の方は症状の改善に時間がかかる、また現在のところ改善される例は少ないのが現状です。

しかし身体が楽になる、痛みが弱まる、と継続的にテラサージをご購入いただいている方もいらっしゃいます。

ガンや難病に関する例は反響が大きいことと、まだ何も解明されていない、改善例も少ないためにメールマガジンに限りお知らせしていましたが、問い合わせが多いため今回ブログにも書くこととしました。

現在、いろいろなデータを収集したり、テラサージの効果的な付け方なども研究しています。

また、報告できることがあれば報告させていただきます。

※ テラサージは薬や医療機器ではなく、健康グッズです。多くの方々から喜びの声をいただいておりますが、何も変化を感じないという方も少数ですがいらっしゃいます。詳しい内容をお聞きになりたい方やご質問がある方は、メールか電話にてお問い合わせください。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。