メールマガジンではお知らせしていましたが、思うところがありブログでは書きませんでした。

しかし、問い合わせが多いのでテラサージのチューブ内で発生する白いカビのようなものについてブログでもお知らせいたします。

以前ある販売員の方から、テラサージの内部に白いカビのようなものが発生していると写真が送られてきて、開発者の方に聞いてみました。

開発者の方がその写真を見るなり、「これを付けていた人はガンではありませんか?」と聞かれたそうです。

それを付けていた方は販売員のお母さんで、まさしくガンで手術前だったそうです。

この白いカビのようなものは、チロシンという非必須アミノ酸の一種だそうです。

非必須アミノ酸とは、簡単に言うと身体の中で作ることが出来るアミノ酸のことです。

体内では合成されず、食物から補給しなければならないアミノ酸は必須アミノ酸です。

チロシンを調べてみると、

「チロシンは神経伝達物質の原料となり、うつ状態を改善する効果がある非必須アミノ酸の一種です。またチロシンは代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンや髪の毛、皮膚の黒色色素であるメラニンの材料となります」

と書いてあります。

どうしてガンの方がテラサージを付けるとチロシンが発生するのかは現在のところ解っておらず、チロシンが発生したから必ずしもガンであるということもないそうです。

ガンの方がテラサージを付けてチロシンが出た例は、数例あるそうです。

ガンの方がテラサージを付けると、3ヶ月ほどで液体がなくなってしまいます。

あくまでもそういう場合があるということと、白いカビのようなものが出てもチロシンではない場合があります。

「チューブ内に発生する白いカビについて 2」では、写真でチロシンとそうでないものを説明します。

※ テラサージは薬や医療機器ではなく、健康グッズです。多くの方々から喜びの声をいただいておりますが、何も変化を感じないという方も少数ですがいらっしゃいます。詳しい内容をお聞きになりたい方やご質問がある方は、メールか電話にてお問い合わせください。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。