インフルエンザの推定患者数が12月18~24日の1週間で約38万人となり、例年の同時期より多くなっているそうです。

帰省など人の動きが活発となる年末年始は感染が広がりやすく、注意が必要です。

以前のブログの記事にも書きましたが、インフルエンザ治療薬のタミフルの70%は日本で使われます。

また、インフルエンザの予防接種も無意味なだけではなく身体に深刻な悪影響を与えるので注意が必要です。

国立公衆衛生院(現・国立医療保健医療科学院)疫学部感染症室長も務めた母里啓子(もり ひろこ)氏は、インフルエンザワクチンは打たないでと言っていますし、前橋市が6年間5万人を対象とした莫大なデータから、インフルエンザワクチンを打っても打たなくても、インフルエンザの流行とはなんの関係もないと結論付けています。

このような理由により、外国ではインフルエンザの予防接種はほとんど行なわれていません。

日本でもほとんどの医者は、インフルエンザの予防接種は行ないません。

しかし、医者以外の人は毎年我先にと病院で予防接種を行ないます。

なにか矛盾を感じませんか?

日本は不思議な国です(笑)

みんなが行なっているから自分も・・・という考えでは自分の身体は守れません。

自分の身体は自分で守るよう、心がけてください。

私はテラサージを付けて2年近くになりますが、テラサージを付けてからは風邪を引いていません。

ほとんど風邪を引かない人にとってはなんでもないことかもしれませんが、1年に最低でも1回は風邪で寝込む私にとっては、信じられないことで現在も記録を伸ばしています。

私の友達もそのように言っています。→そういえば、まだ風邪をひいていない。テラサージで風邪予防

家族が風邪を引いていても、風邪がうつるなど全く気にしません。

おそらく、テラサージを付けていることで自然治癒力(免疫力)が非常にアップしているのだと思います。

風邪で高熱を出したので、テラサージを付けたら一晩で熱が下がった、という報告も何例かあります。

私の息子もそうです。

息子は今でこそテラサージをずっと付けていますが、昔はかっこ悪いからと、いざというときしか付けませんでした。

こちらは、息子が高熱を出したときにテラサージを付けて一晩で熱が下がったという記事です。→高熱が一晩で平熱に。インフルエンザ対策にテラサージ

これからの季節、風邪の予防や体調管理にぜひテラサージを利用してほしいと思っています。

※ テラサージは薬や医療機器ではなく、健康グッズです。多くの方々から喜びの声をいただいておりますが、何も変化を感じないという方も少数ですがいらっしゃいます。詳しい内容をお聞きになりたい方やご質問がある方は、メールか電話にてお問い合わせください。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。