野球肩と聞けば、野球をやっていない人でも一度は聞いたことがあるスポーツ障害ではないでしょうか?

野球肩と呼ばれているので、野球をしている人だけと思いがちですが、バレーボールのスパイク動作、テニス・バトミントンのスマッシュ動作、陸上のやり投げや砲丸投げなどの投てき動作などでも、野球肩と同様の障害が発生します。

正しい予防方法や治療法を知らないと、痛みが治らないばかりではなく、最悪の場合ボールを投げることすら出来なくなってしまいます。

正しい知識を身に付け、野球肩にならないように、なってしまった場合は正しい治療法ではやく完治させるようにしましょう。

なぜ野球肩になるのか?

野球肩は、骨格・筋肉が完成しない状態の小中学生に多くみられます。

野球肩の原因としては、オーバーユース(使いすぎ)が原因のことが多く、その他には、肩が温まっていないうちに思い切りボールを投げた時や、遠投したときなどに強い痛みを感じそのまま投げれなくなるケガによるものがあります。

ポジションとしては、ボールを投げる頻度が多いピッチャーが圧倒的に多く、その他にはキャッチャーや外野手にも見られます。

見過ごされがちですが、投げ方(フォーム)が悪かったり、下半身を使わず腕のみで投げているために肩に負担がかかり発症するケースも多くあります。

野球肩とはどのような状態か?

肩関節には、様々な筋肉、腱、靭帯があり、それらが複雑に絡み合い肩を動かします。

ご存知のとおり、肩関節はあらゆる方向に動かせることが出来る、身体の中で最も可動域の大きい関節です。

投球動作には、ローテーターカフ(回旋筋腱板)といわれる、棘上筋(きょくじょうきん)棘下筋(きょっかきん)小円筋(しょうえんきん)肩甲下筋(けんこうかきん)の4つのインナーマッスル(深部の筋肉)が大きく関係しています。

大きく関係しているということは、使われているということでありこの部分が損傷を受けやすいということです。

その中でも、筋肉の働きにより、棘上筋が最も損傷を受けやすい傾向にあります。

その他にも関節唇(関節のくぼみの縁を取り巻くように付いている軟骨)の損傷や、骨棘(骨のトゲ)が原因の例もあり、このような場合は手術が必要な場合もあります。

953_0_00

野球肩の症状

初期の段階では、投げた後に痛みを感じる、肩の張りがある、腕を引き上げる際に肩に痛みを感じる、などがあります。

初期の段階では、休めば痛みはなくなり翌日には普通に投げれるようになります。

それが進行していくと、投げたときに痛みを感じる、休んでも痛みが取れない、重症の場合は痛みでボールを投げることが出来なくなります。

このような状態になると、完治するまで長期間を要し、完全に元の状態に戻すのは難しくなってきます。

野球肩になる前に予防し、なってしまった場合は初期の段階で治すよう心がけましょう。

piccha

野球肩の治療

一般的に野球肩になると、整形外科ではレントゲンで肩関節の状態を確認して、関節注射、シップ薬貼付で練習を中止して安静、先程書いたように関節唇(関節のくぼみの縁を取り巻くように付いている軟骨)の損傷や、骨棘(骨のトゲ)が出てきて痛みが強く、ボールが全く投げれないような状態であれば手術となるでしょう。

治療院・針灸院・整体・接骨院などでは、電気療法、温熱療法、針治療、マッサージ、テーピングなどの施術が行われると思います。

どれも、信頼のできる治療家の方であれば間違いではありませんし、指示に従えばいいと思います。

私からは、自分で出来る野球肩の予防法や治療法をお教えいたします。

予防法の話をする前に話しておかなければいけないことですが、先天的に肩の関節の可動域(動かせる範囲)がせまい人がいます。

そのような人は、いくら注意をしていても普通の人からみると肩の関節に負担がかかり野球肩になりやすいです。

野球をしている回りの友達と、いろいろと肩を動かして比べてみてください。

あきらかに、動きが悪い、動かないと言う場合は関節が硬いと判断できます。

そのような場合は、ピッチャーなど常にボールを投げるポジションは避けた方がいいでしょう。

それでは、野球肩にならないための予防法です。

野球肩になりやすい選手の特徴として、ボールを強く握り投げるクセがあります。

ボールを強く握ると、手や腕の筋肉が硬くなりそれを支える肩の筋肉に負担がかかり、これを繰り返すことにより野球肩になりやすくなります。

投げるフォームに関しては、肘の位置、身体に傾き、腕だけを使って投げていないかなどを確認してみてください。

とくに、下半身を使わずに上半身だけで投げている場合は、肩に非常に負担がかかりやすいので気をつけてください。

また、ストレッチなどで、十分に肩関節周辺、及び腕の筋肉の柔軟性を高めてから練習を開始してください。

自分でできる治療法としては、胸・肩・腕・指先までていねいに痛めている肩と反対側の手のひらで軽くさすってください。

強くもんだり、押したりしたいところでしょうか、決して強い刺激をかけないようにして下さい。

筋肉は非常に繊細なので、強い刺激を与えると筋繊維が損傷しさらに悪化します。

軽くさする程度でも効果があります。

さする時間も、1回につき2~3分、1日に3回までとしてください。

肩の後、肩甲骨部分は自分ではやりにくいので、家族の方などにさすってもうことをお勧めします。

さするだけ?とお思いでしょうが、これだけでも継続することにより効果が期待できます。

また、これはよく話すことですが、痛みがある時は身体から休めというサインが出ているということです。

痛みを我慢して練習すると、最悪の結果となる場合もあります。

どうか、痛みがある場合は治療に専念し、完治してから練習を再開してください。

※ テラサージは薬や医療機器ではなく、健康グッズです。使用者の声に書かれている感想はすべて実際の感想ですが、何も変化を感じない、という方も少数ですがいらっしゃいます。詳しい内容をお聞きになりたい方は、お問い合わせより連絡してください。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。