健康=減塩というのが最近の常識のようです。

塩分の取りすぎ、と聞けば真っ先に思い浮かべるのが高血圧ではないでしょうか?

私は塩はたっぷりととります。私の言う塩とは、精製塩(塩化ナトリウム)ではありません、天然塩です。

朝は身体への吸収率がいいので、起きたらまず逆浸透膜水(純水)に天然塩を混ぜた水を飲みます。

食べ物にも積極的に塩をかけます。

で、血圧は低血圧のままです。

天然塩はミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム等)が含まれているので身体にはとても良いです。

塩に含まれるミネラル成分は、人間にとって必要不可欠なものです。カリウムには、粘膜や筋肉を広げる働きがあり、逆にマグネシウムとナトリウムには縮める働きがある。拡張させるものと収縮させるものが同時に含まれているから、塩をきちんと摂っていると体調が安定します。

また、抵抗力を強くし、胃の働きをよくする作用、新陳代謝を活性化作用、血を作り、体温を上げる効果も天然塩にはあります。

精製塩にかんしては、本来人間にとって必須なミネラル分が殆ど取り除かれた塩化ナトリウム(Nacl)が99%以上含まれている塩のことです。

ナトリウムには体内の水分を保持する作用があります。塩を沢山摂れば、体内の水分が増え、結果として血流量も増えて血管が受ける圧力が大きくなります。これが塩分の摂り過ぎが高血圧を招くメカニズムです。

天然塩であれば、よけいなナトリウムもカリウムにより排出されるので心配要りません。

※ これは私の考えであり、ネットや本などでは違う意見もあります。実践するには自己責任でお願いします。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。