腰痛は筋肉が原因のものや、骨や神経が原因のものが大半を占めていますが、内臓疾患が原因で起こる腰痛もあります。

内臓疾患が原因で起こる腰痛は腰痛全体のわずかではありますが、内臓疾患が原因の腰痛であるにもかかわらず、筋肉を緩めたり、脊椎矯正などを行なっていても症状の改善は望めません。

どのような症状が、内臓疾患の疑いがある腰痛かを理解しておくことが大切です。

内臓疾患が原因の腰痛の症状や、なぜ内臓疾患で腰痛になるのかを解りやすく説明します。

68

どのような内臓疾患で腰痛が起こるのか

腰痛が起こる内臓疾患として、胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、胃炎(いえん)、膵炎(すいえん)、胆石症(たんせきしょう)、胆道結石(たんどうけっけき)、腎盂腎炎(じんうじんえん)、尿路結石(にょうろけっせき)、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)、帯状疱疹(たいじょうほうしん)などがあります。

その他、膵臓がんや子宮がん、腹部大動脈瘤などが原因で起こる腰痛もあります。

このような場合は、腰を捻ったりぶつけたりしていないのに、急性の強い痛みが生じるので速やかに病院で診察してもらう必要があります。

内臓疾患が原因の腰痛の原因

内臓疾患による腰痛の原因として、病気が原因で内臓が肥大して腹部や腰が圧迫されたり、病巣が腰の周囲に拡大していたりすることで腰痛が発生するケースがあります。

内臓の働きがが悪化している時は、おなかの筋肉も弱くなるので、内臓を補っているおなかの筋肉の負荷が腰への負担となって腰痛が発生するケースもあります。

ちょうど腰の部分にある、腎臓の働きが悪くなり硬くなって腰の筋肉(大腰筋など)を圧迫して発生するケースもあります。

また、内臓の血流が悪くなり機能が低下して硬くなった内臓が腰の部分に下がってきて、腰を圧迫したり腰の動きを悪くして腰痛を引き起こす場合もあります。

そのほかにも、食べ過ぎ飲み過ぎにより腸に負担をかけすぎることにより腸が硬くなったり、重度の便秘により肥大した大腸が腰を圧迫することが原因で発生する場合もあります。

帯状疱疹による神経痛が原因の場合や、臓器の異常によって発生した痛みが神経にそって腰の部分に伝わり腰に痛みを発生させる場合もあります。

C-2c

内臓疾患が原因で起こる腰痛の特徴

筋肉や骨、神経が原因で発生する腰痛の特徴として、楽な体制で安静にしている時は痛みは出ませんが、内臓疾患が原因で発生する腰痛は安静にしていてもどのような姿勢にしても痛みが出る、という特徴があります。

逆に、前屈など腰に負担のかかる姿勢をしてみて痛みが増すようであれば、内臓疾患が原因の腰痛の可能性は低くなります。

その他には、排尿時に痛みを感じたり血尿が出る、空腹時に痛みが強くなる、生理痛がいつもよりひどくなる、腰痛と一緒に発熱を伴う、安静にしているのにもかかわらず症状が良くならない、または悪化するなどの特徴があります。

内臓疾患が原因で起こる腰痛の対処方法

内臓疾患が原因の腰痛が疑われる場合で、安静にしていても長期間症状が改善されない場合は、自分で判断することなく病院で診察してもらいましょう。

 

 

テラサージによる腰痛解消例はこちらテラサージで腰痛解消

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。