腰痛の中でも、ぎっくり腰という言葉は誰でも聞いたことがあると思いますし、実際になった人もたくさんいると思います。

ぎっくり腰とは、急激に起きる腰痛の総称であり、病名は「突発性腰痛」「急性腰痛症」または「急性腰部捻挫」と言います。

腰椎ヘルニア、骨格の歪み(仙腸関節や腰椎関節のズレ)、靭帯の損傷、関節包(関節を包む膜)の損傷などが原因として考えられますが、一番大きな原因として腰の筋肉の損傷が考えられます。

皆さんご存知のように、身体を動かすには筋肉を伸縮させることが必要です。

その筋肉が、硬い状態であればとうぜんスムーズに身体を動かすことはできません。

スムーズに筋肉(腰の筋肉)を動かせないと、重いものを持とうと腰に力を入れた時、瞬間的に腰を動かした時、中腰の姿勢になった時など、本来であれば筋肉がスムーズに伸びたり、身体を支えたりしなければいけない状態の時に筋肉が硬くなっているため、スムーズに伸びたり身体を支えることが出来ません。

その結果、筋繊維が挫傷(ちぎれる)して強烈な痛みとともに動かせなくなります。

fotolia_72927244_xs

この、筋肉が原因のぎっくり腰がぎっくり腰の大半を占めています。

逆に言えば、腰の筋肉の柔軟性を高めておけば、骨や靭帯、関節包(関節を包む膜)が原因のものを除けば、ぎっくり腰にはなりにくいということです。

腰の筋肉が硬くなる原因として、長時間に及ぶ立った姿勢や中腰での労働、激しいスポーツによる腰への負担、日常の悪い姿勢による筋肉への負担、老化や運動不足による筋力低下、冷え、肥満、ストレスなどがあげられます。

このような原因のほかにも、筋肉疲労は日常生活で必ず起こり、それに伴い筋肉が硬くなりますが、 人間はそれを回復する力(自然治癒力)を持ち合わせています。

しかしその回復する力(自然治癒力)を超えて筋肉に負担がかけ続けられた時、筋肉疲労が回復することなく少しずつ筋肉に疲労が貯まっていき、やがてぎっくり腰を発症しやすいような腰の状態となってしまいます。

このような状態になる前に、腰の状態を改善しておかなければいけません。

次は、ぎっくり腰の予防法について説明します。

テラサージによる腰痛解消例はこちらテラサージで腰痛解消

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。