肩こりの方に多いのが、頭痛です。

じつは、肩こりと頭痛にはとても深い関係があります。

肩こりと頭痛の関係について、解りやすく説明します。

肩こりの種類

頭痛は大きく、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けられます。

片頭痛

片側のこめかみ、(場合によっては両方のこめかみ)がズキンズキンと脈打つように痛むのが特徴で、ひどい場合は吐き気や嘔吐(おうと)を伴う場合もあります。

数時間から長い場合は3日ほど続く場合もあります。

緊張型頭痛

頭痛のなかで一番多く、悪い姿勢による肩こりや強いストレスなどの要因が重なり発生すると言われています。

緊張型頭痛は、一度発症すると30分~長いときでは1週間ほど続きます。

頭痛だけではなく、めまいや倦怠感などを伴うこともあります。

群発頭痛

文字通り、群発地震のように、ある時間に集中して頭痛が起こるところからそう名付けられました。

群発頭痛の発症の原因については、まだまだ解明されていない事が多いのですが、頭部の血管が拡張して発症するのではないかと考えられています。

女性に比べ男性の方が5倍ほど多く見られ、お酒を飲む人がよく発症します。

これらの他に、突然起こる頭痛やバットで殴られたような痛みを伴う頭痛には要注意です。

脳出血や脳腫瘍などが原因の場合がありますので、すぐに病院で検査してもらうようにしてください。

brain_1_0

肩こりとの関係が深い緊張型頭痛

今回は、肩こりとの関係が深い緊張型頭痛について説明いたします。

緊張型頭痛の原因は、首、肩、背中などの筋肉が硬くなること、一般的にいう肩こりの状態の時に発症しやすくなります。

筋肉が硬くなると筋肉内の血管が圧迫され、血流が悪くなり血液により取り去られるべきはずの老廃物がたまります。

たまった老廃物は、さらに筋肉を硬くして血流を悪くし、さらに老廃物がたまります。

そのたまった老廃物が、周囲の神経を刺激し痛みを誘発させるのです。

そのほかの要因として、極度のストレスにより筋肉や神経を緊張させることにより頭痛を誘発させます。

緊張型頭痛の予防法

適度の運動やストレッチにより、首・肩周辺の筋肉の緊張を取り去るように心がけましょう。

仕事や勉強で長い時間同じ姿勢を維持しなければいけない場合は、時折首や肩の周りの硬くなった筋肉を伸ばしてあげるように心がけてください。

身体ばかりではなく、ストレスをためないようにも気をつけましょう。

お風呂にゆったりと入ることは、筋肉にもストレスにも有効です。

緊張型頭痛の改善法

よく、頭痛が起きるたびに鎮痛薬を飲んでいる方がいますが、どうしても我慢できない場合意外は薬は飲まないようにしましょう。

薬には必ず副作用があり、体が薬に慣れてくると徐々に薬が効かなくなるために、薬を飲む間隔や頻度が増していきます。

予防法でも書きましたが、適度な運動と首・肩の周辺の筋肉の正しいストレッチにより改善が期待できます。

運動は週に3回くらいでもかまいませんが、ストレッチは毎日行なうようにしてください。

一日に長時間行なうのではなく、短時間でもかまいませんのでなるべく毎日行なうようにしてください。

それでも、改善が見られない場合はテラサージ首用をお勧めします。

テラサージで長年の肩こりや、何を試しても治らなかった肩こりが改善された例はたくさんあります。

「肩こり解消例」こちらが、テラサージで肩こりが解消した方の一部の感想です。

治療家として、肩こり解消の一番のお勧め健康グッズです。

メールマガジン「テラサージで肉体的にも精神的にも満たされた生活を!」では、ブログには書いてない、でも伝えたいテラサージの変わった使い方や美容・ダイエット効果などについても書かせていただいております。ご希望の方は、タイトルクリックで登録フォームに移動しますのでご登録お願いします。